いいことさがし

楽しく豊かに生きたいアラフィフのブログ。

こんな時こそ意識の向けどころを、アロマでシフト

こんにちは、Honeybeeです。

 一日も早く、コロナウィルスが終息することを願うばかりですが、

必要以上に悪い想像をして、気持ちを不安にさせるよりは、

1日の中で何か1つでも、小さな事でも

「嬉しかったな、楽しかったな、面白かったな、美味しかったな」

という事柄に目を向けて、日々過ごすようにしています。

まさに「いいことさがし」です。

 

でも、朝起きた途端から、気分の悪い時だってあります。

それはそれで、よしとします。

だって、気分が悪いのですから。

ただ、気分の悪いままでいる事の方がイヤなので、

どうにか気分を変えたいのです。

そこでアロマオイルの登場です。もちろん、気分良い時にも使いますよ。

ご存じの方も多いかと思いますが、簡単に気持ちをシフトできる

アロマオイルの使い方をご紹介したいと思います。

 

 

  

忙しい朝の時間に、手軽にアロマが使いたい。

ハンカチなどにアロマオイルを1~2滴垂らす

仕事のある平日でも、ゆっくりアロマを焚いて・・・と

ゆとりのある朝の時間を過ごしたいところですが、

私の場合は、とにかく朝は時間がないので、

その日の気分で香りを選んでハンカチまたはハンドタオルに1~2滴垂らし、

バックに忍ばせます。

朝の満員電車、イヤですよね?でもバックの中からふわっと良い香りがしてくると

気持ちが緩むんで、ほっとします。

出社して、デスクの上にハンカチを置くと、またふわっと良い香りが。

仕事が忙しい時や、煮詰まった時、ハンカチの香りを感じると、

気分が一瞬で変わって、クールダウンできたりします。

f:id:milky4721:20200325111946j:plain

ただ、会社など人が多く集まる場所では、アロマの香りが苦手と言う方もいるので、

バックにしまって、自分だけでほんのりと香りを楽しむなどの配慮が

必要かなと思います。

 

 

朝シャワーを浴びる時に、浴室の床にアロマオイルを1~2滴

朝、出勤前にシャワーを浴びてから行く方にお勧めするアロマの使い方は、

シャワーを浴びる食前に、浴室の床の隅にアロマオイルを1~2滴垂らしておきます。

シャワーを浴びながら、アロマオイルを垂らした辺りにお湯をかけると、

浴室に香りが広がり、一瞬で気分がUPします。

 

お酒を飲みすぎて気分がスッキリしない朝には、少し熱めのシャワーにして、

ジュニパーやレモンなど、浄化されるような香りを使います。

ジュニパーには、体の毒素を出す作用が、レモンには、頭がぼんやりしてしまう時に、思考をすっきりさせてくれる作用があります。

 

 

香りの作用を、気軽に使ってみる

香りの作用を上手に使って、少しでも気分を良くする、イヤな事を一瞬でも忘れて、

いい香りだと感じられる、そんな風に意識を別のところに向けることができると思います。

朝だけでなく、一日の中で気持ちのアップダウンがあるのも当たり前。

少しでもいい気分でいる時間が長い方がいい、

そんな時にアロマオイルを気軽に使ってみてはいかがでしょうか?

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。